キャスト/CAST

  • 瑛太 多田啓介

    瑛太

    多田啓介

    1982年生まれ。
    『青い春』(02/豊田利晃監督)で映画デビュー。『サマータイムマシン・ブルース』(05/本広克行監督)で主演デビューを果たす。「ウォーターボーイズ」(03/CX)、「オレンジデイズ」(04/TBS)、「アンフェア」(06/CX)、「ラスト・フレンズ」(08/CX)、「篤姫」(08/NHK)、「ヴォイス~命なき者の声~」(09/CX)、「素直になれなくて」(10/CX)と数々のテレビドラマに出演し、注目を集める。映画では、『嫌われ松子の一生』(06/中島哲也監督)、『好きだ、』(06/石川寛監督)、『アヒルと鴨のコインロッカー』(07/中村義洋監督)、『銀色のシーズン』(08/羽住英一郎監督)、『余命1ヶ月の花嫁』(09/廣木隆一監督)、『ガマの油』(09/役所広司監督)、『ディア・ドクター』(09/西川美和監督)、『なくもんか』(09/水田伸生監督)、『のだめカンタービレ 最終楽章前・後編』(09/武内英樹監督、10/川村泰祐監督)など、話題の作品に数多く出演。2011年には本作の他に、『僕達急行 A列車で行こう』(森田芳光監督)などが公開を控えている。

    瑛太OFFICIAL SITE

  • 松田龍平 行天春彦

    松田龍平

    行天春彦

    1983年生まれ。
    1999年、『御法度』(大島渚監督)で俳優デビュー。ブルーリボン賞、キネマ旬報ベストテン、毎日映画コンクールスポニチグランプリ、日本アカデミー賞をはじめ、数々の新人賞を総なめにし、話題を集める。その後、『青い春』(02/豊田利晃監督)、『ナイン・ソウルズ』(03/豊田利晃監督)、『昭和歌謡大全集』(03/篠原哲雄監督)、『恋の門』(04/松尾スズキ監督)など、多数の主演作を経て、「夜叉ヶ池」(三池崇史初演出)で舞台に初挑戦。2007年には「ハゲタカ」(NHK)で初のドラマ出演を果たし、活動の幅を広げる。その他代表作として、『NANA』(05/大谷健太郎監督)、『46億年の恋』(05/三池崇史監督)、『悪夢探偵』(07/塚本晋也監督)、『長州ファイブ』(07/五十嵐匠監督)、『世界はときどき美しい』(07/御法川修監督)、『アヒルと鴨のコインロッカー』(07/中村義洋監督)、『劔岳 点の記』(09/木村大作監督)、『蟹工船』(09/SABU監督)、「天地人」(09/NHK)、『ボーイズ・オン・ザ・ラン』(10/三浦大輔監督)などがある。 

  • cast
  • 片岡礼子
  • 鈴木杏
  • 本上まなみ
  • 柄本佑
  • 横山幸汰
  • 梅沢昌代
  • 大森南朋
  • 松尾スズキ
  • 麿赤兒
  • 高良健吾
  • 岸部一徳
片岡礼子

片岡礼子 ルル

1971年生まれ。1993年、『二十歳の微熱』(橋口亮輔監督)で映画デビュー。その後『愛の新世界』(94/高橋伴明監督)、『KAMIKAZE TAXI』(95/原田眞人監督)など数々の作品に出演し、2001年『ハッシュ!』(橋口亮輔監督)で、第45回ブルーリボン賞主演女優賞、第75回キネマ旬報主演女優賞を受賞。高い評価を得る。近年の出演作に、『犯人に告ぐ』(07/瀧本智行監督)、『ぐるりのこと。』(08/橋口亮輔監督)、「外事警察」(09/NHK)、『ヘヴンズ・ストーリー』(10/瀬々敬久監督)などがある。

鈴木杏

鈴木杏 ハイシー

1987年生まれ。1996年、「金田一少年の事件簿」(NTV)にてデビュー。以降、数々のドラマに出演。また「ハムレット」(03)、「ムサシ」(09)など、蜷川幸雄演出の舞台に数多く起用される。主な映画出演作として、『ヒマラヤ杉に降る雪』(00/スコット・ヒックス監督)、『花とアリス』(04/岩井俊二監督)、『空中庭園』(05/豊田利晃監督)があり、2011年は主演作『軽蔑』(廣木隆一監督)が公開を控えている。

本上まなみ

本上まなみ 三峯凪子

1975年生まれ。様々なテレビドラマ、映画、CMに出演。「ザ・ベストハウス123」(CXでは司会、「はなまるマーケット」(TBS)では金曜レギュラー、「陽だまりハンモック」(TFM)ではパーソナリティーを務める。また2009年にはエッセイ「はじめての麦わら帽子」(新潮社)を刊行。主な映画出演作として、『ハンサム☆スーツ』(08/英勉監督)、『引き出しの中のラブレター』(09/三城真一監督)、『アブラクサスの祭』(10/加藤直輝監督)などがある。

柄本佑

柄本佑 山下

1986年生まれ。『美しい夏キリシマ』(03/黒木和雄監督)のオーディションに合格し、主演デビューを果たす。同作でキネマ旬報ベストテン新人男優賞、日本映画批評家大賞新人賞を受賞。主な映画出演作品に、『17歳の風景 少年は何を見たのか』(05/若松孝二監督)、『ラッシュライフ』(09/真利子哲也監督他)、『人間失格』(10/荒戸源次郎監督)、『ゲゲゲの女房』(10/鈴木卓爾監督)などがある。

横山幸汰

横山幸汰 由良

2000年生まれ。オーディションにより約100人の中から由良役に抜擢。本作が本格的な映画デビュー作となる。

梅沢昌代

梅沢昌代 山下の母

1953年生まれ。1974年、文学座「ふるあめりかに袖はぬらさじ」で初舞台を踏む。以降、井上ひさし、つかこうへい、といった劇作家の作品に多数出演。1994年に退団。1995年「父と暮らせば」で読売演劇大賞優秀女優賞、2005年「箱根強羅ホテル」で紀伊国屋演劇賞個人賞を受賞。主な映画出演作として、『なくもんか』(09/水田伸生監督)、『半分の月がのぼる空』(10/深川栄洋監督)がある。

大森南朋

大森南朋 囲炉裏屋亭主 山田

1972年生まれ。1996年、CM出演をきっかけに本格的に役者としての活動を開始。映画を中心にドラマ、舞台、CMなど幅広く活躍。2009年、『ハゲタカ』(大友啓史監督)では第33回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。2011年公開作品に『犬とあなたの物語 いぬのえいが』(長崎俊一監督他)、『ジーンワルツ』(大谷健太郎監督)、『毎日かあさん』(小林聖太郎監督)、『軽蔑』(監督:廣木隆一)、『ラビット・ホラー3D』(監督:清水崇)、『莫逆家族〜バクギャクファミーリア〜』(監督:熊切和嘉)などがある。

松尾スズキ

松尾スズキ シンちゃん

1962年生まれ。1988年「大人計画」を旗揚げ、作・演出・俳優を務める。1997年に「ファンキー!~宇宙は見える所までしかない~」で第41回岸田國士戯曲賞を、2001年に第38回ゴールデンアロー賞演劇賞を受賞。初の長編映画監督作『恋の門』が2004年、ヴェネツィア国際映画祭に正式出品される。2008年『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』の脚本で、第31回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞。俳優としての出演作に『カイジ 人生逆転ゲーム』(09/佐藤東弥監督)、『悪人』(10/李相日監督)などがある。

麿赤兒

麿赤兒 岡

1943年生まれ。1972年に舞踏集団「大駱駝艦」を旗揚げ。“天賦典式”と名付けた、大仕掛を用いた圧倒的スペクタクル性の強い独自の様式を生み出し、日本のみならず、フランス・アメリカなどで大きな話題となり「Butoh」の名を世界に広める。舞踊批評家協会賞を計5回受賞。2006年に文化長官表彰受賞。舞台だけではなく、『KILLBILL』(03/クエンティン・タランティーノ監督)、『魁!!男塾』(08/坂口拓監督)、「篤姫」(09/NHK)など数多くの映像作品に出演する。

高良健吾

高良健吾 星

1987年生まれ。『ハリヨの夏』(06/中村真夕監督)で映画初出演。その後、『M』(07/廣木隆一監督)で第19回東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門特別賞を受賞。以降、『蛇にピアス』(08/蜷川幸雄監督)、『フィッシュストーリー』(09/中村義洋監督)など話題作に出演。2010年は『ソラニン』(三木孝浩監督)、『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』(大森立嗣監督)、『おにいちゃんのハナビ』(国本雅広監督)など映画7本に出演し、第23回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎新人賞を受賞。今後は『軽蔑』(廣木隆一監督)が公開される。現在、NHK連続テレビ小説「おひさま」に出演中。

岸部一徳

岸部一徳 早坂

1947年生まれ。1967年にグループサウンズ「ザ・タイガース」でデビュー。1971年の解散後、俳優に転向し、『死の棘』(90/小栗康平監督)、『僕らはみんな生きている』、(93/滝田洋二郎監督)、『ハッピーフライト』(08/矢口史靖監督)、『大阪ハムレット』(09/光石富士朗監督)、『のんちゃんのり弁』(09/緒方明監督)、『必死剣鳥刺し』(10/平山秀幸監督)、『相棒-劇場版Ⅱ-』(10/和泉聖治監督)など数多くの作品に出演。